HTML5とCSS3

WordPressが3.3になったのを機に、テンプレを一新しました。というのも、元々縦書きに興味が有ったのと、最近iPhoneに機種変更しまして、うちのホームページはスマホ非対応でしたからね。

でHTML5とCSS3で、縦書きとメディアクエリに対応させようと思って色々調べてみました。ただ縦書きは各ブラウザの対応状況の他に、縦書きとしての実用度もまだ充分とは言えないみたいです。とりあえず縦書きをやるかどうかは保留として、WordPressのテンプレでHTML5とCSS3に対応している物を探してみました。

というのも今使っているvicunaは残念ながらHTML5対応版じゃ有りませんし、HTML5については僕自身あまりよく分からないので、HTML5に対応したテンプレを使って勉強しようとの考えからです。

そこで早速探してみたところ、まださすがに数は多くありませんが、ちらほらありました。勉強しながらカスタマイズするという目的では、出来るだけシンプルな構成が良かろうと考え、StarkersというテンプレをHTML5に対応させたStarkers HTML5というテンプレを選択しました。このStarkersというテンプレはフレームワークと呼ばれる物らしく、必要なタグだけが用意されているだけで、装飾は一切されていません。

ここでHTML5とCSS3についてくどくどと説明はしません、というかそこまで僕自身理解していないのでね。まあ、とにかく従来だったら画像を用意しておかなければ出来なかった、影を付けたり、四角の角を丸くしたりとか全部CSS3で出来るんですね。これは便利です。それと一応スマホにも対応出来ていると思います。

HTML5になってタグ周りが大分変更されているようですが、まだまだ不慣れで混乱しますね。訳が分からなくなって結局divを使っちゃったりとか、なんかもっとスマートなやり方が有るような気もしますが、もう少し勉強です。

それと結局縦書きは見送りました。これはブラウザの対応とか、まだ実用的ではないとか、そういう理由ではなく単純にレイアウトがうまく行かなかったからです。これはやってみると中々難しい物で、どうもうまくいかないんですよね。当たり前ですが、従来の横書きのレイアウトに慣れすぎていて、駄目なんです。縦書きのレイアウトについては、全く新しい発想が必要だなと感じました。これももう少し勉強ですね。