iPhone6sに変えたんですが

最近日常生活で感じたデザインのもやもやした事について、ちょっと。

この前の事なんですが今まで使っていたiPhone5sからiPhone6sに機種変更しました。さて、使い始めて気付いたんですが、なんと電源ボタンの位置が変わっているではありませんか。iPhone5sまでは電源ボタンは本体上部に有ったんですが、iPhone6sは音量ボタンの反対側、右側面に移動したんですね。ふーむ、僕は普段電源ボタンを殆ど使わないのであれなんですが、これどうなんですか?電源ボタンでスリープさせる使い方をする人には便利なのかな?うーん、しかしですね、音量を調節しようとして間違ってスリープさせてしまう事が頻発してるんですが。

ところで結構前の話なんですが、iPodはどうしてタッチスクリーンにしないのか?と尋ねられた時、iPodはポケットの中に入れたまま操作出来ないと駄目だからさ、とジョブスが答えたという話を聞いた事が有るんですが、まあ、話の真偽はともかく、以前のアップルには、iPodはホイールボタンで操作するといういわば哲学が確かに有った訳です。その後シリーズ製品ではnanoとtouchでタッチスクリーンが採用されましたが、オリジナルのiPodはクラッシックという名称でホイールボタンを最後まで採用していました。

操作体系をシンプルかつ無意味な物にはしない、これはMacのファインダーから受け継がれてきたアップルの哲学だと僕は思うんですがね。そう考えると電源ボタンを移動させる意味は僕には理解出来ません。むしろ操作体系を混乱させるだけじゃないのかと。

そのうちホームボタンさえ無いiPhoneが発売されて、それこそ上下も分からないただのスマートフォンの一商品に過ぎなくなるだろうと僕は想像しています。優れた工業製品とは哲学と利益のせめぎ合いの中で産まれる物だと思いますが、これはあくまでバランスの問題で、どちらか一方に大きく傾いては危ない事になります。電源ボタンの位置を変更する、その意味について僕は未だに少し混乱しています。

さて、実はもう一つ僕を混乱させるデザインが有るんですよ。今年のまだ年の明けたか明けぬかの冬の真っ只中、小さいファンヒーターを買いまして。それのスイッチがこれです。

ファンヒーター何故この色なんですか?スイッチをオンにすれば温風が出るんですから、オンの表示を赤にしてオフの表示を青にするべきなんじゃないでしょうか?最初これを見た時は印刷の初期不良かと疑いましたが、違うみたいですし。或いは僕の知らない家電業界の慣行でもあるのでしょうか?これは本当に見るたびに混乱させられます。