YAKの簡単な使い方

まずはタイトル。”赤のTシャツ”とします。さて本文ですが、まあ、ここではそんなに考える事もないので綿100%のTシャツです、とでもしておいて、その下に[yak_buy]と入力します。このタグが”買い物かごに入れる”ボタンになる訳です。
商品の投稿ー1
その他YAKで使える主なタグは

[yak_checkout]
買い物かごの内容を表示
[yak_order_id]
受注番号を表示
[yak_order_value]
受注金額を表示
[yak_price]
価格を表示(割引を含む)
[yak_price_std]
価格を表示(割引を含まない)
[yak_product_page]
商品の一覧を表示

(注:これらのタグのカッコは全角なのでこのままコピーしても正常に動作しません。)

これらの物が有ります。これ以外のタグにつてはプラグインのサイトで確認して下さい。

次に画面を一番下までスクロールさせると、YAK Product Detailsというカスタムフィールドが表示されます。ここで商品の価格その他を個別に設定します。

さあ、まずは価格を決めましょう。ここではTシャツ一枚の単価を1000円とします。Set the price of your productのフィールドに”1000”と入力し、Set the display titleに”Tシャツー赤”と入力します。このSet the display titleが商品名になる訳です。

次にその下のTypeの横の緑の丸い”+”ボタンをクリックすると、ドロップダウンリストが表示されて、最初に作成した”Product”の子カテゴリーが選択出来るようになります。この場合では”M”と”L”のカテゴリーが表示されています。どちらからでも構わないんですが、まず”M”を選択し、その横のQuantityに在庫枚数を入力します。ここでは”1”と入れておいて下さい。そして同じように”L”も設定します。これで終わりです。公開ボタンをクリックして下さい。
商品の投稿ー2
次にカートのページを作ります。ページの新規追加をクリックして下さい。タイトルは”ショッピングカート”とします。本文中に[yak_checkout]と入力します。

さて、準備も出来ましたので実際に買ってみましょう。