YAKの簡単な使い方

補足

基本設定の通信欄ですが、何故か説明が書かれていません。これは注文内容の確認画面に通信欄を表示させるオプションです。使い方は空白のインプットフィールドにテキストを入力しておきます。例えば”お届け希望時間があれば入力して下さい”と入力しておけば、注文内容の確認画面にお客様の配送希望時間を入力してもらえるインプットフィールドが表示されるようになる訳です。

翻訳についてですが、サイドバーにある”Orders”と”Products”と”Sales Reports”なんですが一部、というか結構あるんですが翻訳されない部分が有ります。これも忘れてるのでしょうか、ファイル自体に不備があって他言語に未対応な部分なんです。修正する事は勿論可能ですが、修正するファイルが複数になるのでこのままにしておきます。そのうち作者の方が修正してくれると思いますので、気長に待ちましょう。

住所フォームの順番を変更する方法なんですが、前に書いたやり方ではうまく行きません。バージョンが上がった事によって住所フォーム関係にも修正が加えられたみたいです。方法としてはyak-for-wordpress.phpのファイルを前に書いたやり方で変更するんですが、その後yak-model.phpというファイルの212行目以降に同じく住所関係の箇所が有りますので、ここもyak-for-wordpress.phpで変更した順番と同じに変更しておきます。

以上、yak-for-wordpressの本当に簡単な使い方でした。