マックイーンを惜しむ

2月11日にアレキサンダー・マックイーン氏が亡くなったと聞いてとても驚きました。自殺と報道されていましたが、本当の所は分かりません。母親を亡くしてから落ち込んでいたという事ですから、或いはそれが原因なのかもと思いますが、それにしても惜しい事です。去年ワイズが民事再生法の適用を申請しましたが、リーマンショック以降の世界的な不況の波はいわゆるハイブランドを直撃してファッション業界も厳しい時代になっている様です。そんな訳で、今はとにかく安い服が売れるんでしょうね。確かに安くする技術も必要ですが、それだけではファッションは死んでしまいます。選択肢は残しておかないと、業界自体が先細りするだけです。ですからマックイーン氏の様な人を失う事は本当に大きな損失です。改めてマックイーン氏のご冥福をお祈り致します。